2010年02月21日

寺島しのぶさんに銀熊賞=田中絹代さん以来35年ぶり−ベルリン映画祭(時事通信)

 【ベルリン時事】第60回ベルリン国際映画祭の授賞式が20日夜(日本時間21日未明)行われ、コンペティション部門に日本から唯一出品していた「キャタピラー」(若松孝二監督)で主演した寺島しのぶさん(37)に銀熊賞(最優秀女優賞)が贈られた。世界三大映画祭の一つである同映画祭で日本人が同賞を獲得したのは、1964年の左幸子さん、75年の田中絹代さんに続いて3人目の快挙。
 「キャタピラー」は、第2次大戦中に中国戦線から四肢を失って帰還した夫に尽くす妻の姿を描いた反戦映画。寺島さんは、献身的に夫の世話をしながら、戦争に疑問を抱くようになっていく妻を熱演した。 

【関連ニュース】
「イースタン・プレイ」が最高賞=東京国際映画祭
東京国際映画祭が開幕

子供の親権条約加盟、米が日本に要求(読売新聞)
焼き鳥店の開店準備、図書館のテーブル運び出す(読売新聞)
<お別れの会>湯川龍二さん=3月1日、都内ホテル(毎日新聞)
郵政改革の調整が難航=出資比率や郵貯限度額めぐり−政府・与党(時事通信)
<医療事故書籍>集英社と毎日新聞記者 賠償命令判決確定(毎日新聞)
posted by モチダ シゲオ at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。