2010年03月11日

「着メロ」商標権に2550万円(スポーツ報知)

 東京都が差し押さえた携帯電話の着信メロディーの略語「着メロ」という言葉の商標権を、美少女ゲームなどを扱うゲームソフトメーカー「ビジュアルアーツ」(大阪市)が、インターネットのオークションで都の見積価格193万円を大幅に上回る2550万円で落札したことが9日、分かった。

 着メロの商標権は2件で、携帯電話や映像、紙媒体の広告などでの使用を対象にしている。ビジュアル社はゲームソフトの開発・販売を行っており、映像や音楽などを配信する携帯サイトも運営。美少女ゲームを中心に18禁のアダルトソフトも取り扱う。同社営業本部の一ノ宮知貴・法務渉外担当は「(着メロは)すでに一般化された名詞として浸透している。使用の際の有料化や規制はなじまないと考えており、一切かけることはない」と説明。今後は、例えば「着メロ」に、同社の登録商標であることや(R)を表記するなどの使用ルールを考えるという。

 「着メロ」の商標は、PHS事業者の旧アステル東京が登録し、都内の通信事業会社が引き継いだが、都税を滞納したため、都が昨年、商標権を差し押さえた。都主税局は「見積価格は会議で決めたが、高額で落札され驚いている」としている。

 【関連記事】
九ちゃん究極の9曲解禁!9日音楽配信スタート
「アナロ熊」着うた大人気…「地デジカ」に強力ライバル
GReeeeN、新曲で3バージョン「家族向け着うた」

<文京区長育休>ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」(毎日新聞)
<海老蔵さん・麻央さん>婚姻届を提出(毎日新聞)
<普天間移設>県内の場合、自治体に振興策…前原氏(毎日新聞)
海老名〜八王子間の事業認定申請=圏央道、土地収用に向け準備−国交省など(時事通信)
地元反対決議でも理解求める=普天間移設で平野官房長官(時事通信)
posted by モチダ シゲオ at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。